便秘 サプリメント

鉄剤の服用者に聞いた、便が詰まる副作用の話

貧血の治療として使われる鉄剤ですが、その副作用で便秘をあげる人も多い。鉄剤は飲んですぐに効果がでるものではないので、鉄剤の服用は数週間にわたり行われます。その期間、副作用してして便秘が数週間続くのは本当に苦しい。また、鉄分が不足しがちの妊婦さんが、安全な出産に備えて鉄剤の処方をされるケースも多くあります。妊娠中は普段以上に便秘になりやすいので、よりいっそう便秘で悩まされることも多いことでしょう。

鉄剤の副作用でなる便秘ですが、これは体内に取り入れた鉄が、消化器官の胃や腸を刺激することでおこります。鉄剤服用者全員に便秘の副作用がでるわけではありませんが、少なくない確率で起こり得る副作用です。鉄剤の副作用で便秘になってしまった場合はとにかく、腸内バランスが崩れないように食事に気をつけ、十分な水分をとるように心がけましょう。善玉菌を増殖させる為にオリゴ糖などをとるのは非常に効果的です。ヨーグルトなどのビフィズス菌も腸内で善玉菌となりますので効果的な食べものです。鉄剤の副作用はある程度は仕方ありません、鉄剤の副作用に負けない丈夫で健全な腸をつくることが大事なのです。

鉄剤を使った治療は本当に根気が必要とされます。便秘が辛いという理由で、鉄剤の服用を自分の判断でストップするのは絶対にやめましょう。本当に我慢できないほど辛いのなら、毎日通院し、点滴で鉄剤を用いる方法もあります。この場合には、胃腸症状は起こりませんので、医師に相談をすることをお薦めします。

男性の腸はストレスに弱い!女性と異なる便通の異常

男性は体の構造上、女性と比べて便秘になりにくいと言われています。しかし便秘は、男性にも十分起こり得る病気ですし、現にその人数も少なくありません。女性は、出産、生理、筋肉不足などがありますので様々な便秘になってしまいます。それに比べて男性の便秘の多くは、ストレスによる痙攣性便秘が殆どです。男性の腸は、女性よりストレスに弱いと言われているのも事実です。

痙攣性便秘の原因は、自律神経の乱れが原因で起こります。自律神経の副交感神経は腸などの消化器官に働きかける神経なのですが、副交感神経は非常にストレスに弱く、副交感神経の乱れは腸内の動きにも乱れを生じさせてしまいます。腸はこのように副交感神経の働きをダイレクトに受けてしまうので非常に繊細で、ストレスの影響もかなり大きく出てしまう器官です。大腸はぜん動運動と呼ばれる動きで便を排出しますが、副交感神経の乱れが原因で、痙攣をおこしてしまいこの運動が正しく行われなくなってしまう場合があります。これが、痙攣性便秘です。この痙攣性便秘の症状ですが、強い残便感が残ったり、便秘だけでなく下痢を同時に起こしてしまう事もあります。便秘と下痢を繰り返す症状が続いた場合は、この痙攣性便秘を疑ってください。

このように男性の便秘は、女性とは少し違った原因で引き起こされることがあります。痙攣性便秘は、上記に記載した通り、自律神経の乱れが原因ですので、便秘解消の為にはストレスを解消するのが重要となります。腸が痙攣してしまうほどダメージを受けている状態ですので、刺激の強い下剤を使用した場合、余計に悪化させてしまう可能性があります。痙攣性便秘は、安易に薬に頼らず、リラックス出来る環境をつくり自然な排便をして解消する事が大事なのです。

便秘は万病のもと!大腸癌を引き起こす痔と便秘のエンドレスな悪循環

昔から便秘は万病のもとと言われてきました。とくに慢性的な便秘は、腸内の悪玉菌が増えてしまいますので身体への様々な悪影響が心配されます。痔と便秘には深い関係性はありますが、大腸癌と痔は全く別のものですので、これは関係性はありません。痔を大腸癌と勘違いしてしまうことはあっても、痔が大腸癌を直接引き起こすことはありません。しかしながら、「便秘が原因で痔になってしまう。その痔が原因で、便秘が更に酷くなってしまう」という悪循環は十分に考えられます。

便秘と痔の詳しい関係ですが、大腸に便が長い時間たまってしまうと便に含まれた水分は腸に吸収されてしまい非常に硬い便になってしまいます。その硬い便を出す為に必要以上に息んでしまい肛門を傷つけてしまいます。その結果、痔になるケースは少なくありません。痔になってしまうと排便の時に痛みを感じたり出血をしてしまったりします。この状況が続くと、自然と排便を我慢するようになってしまい、ますます便は固くなってしまいます。もちろん、この便を出す為に、今まで以上に息む必要があり、排便にも時間がかかってしまうので痔は悪化するいっぽうです。このように便秘と痔の悪循環が続くことで慢性便秘になり、腸内には有害なガスがたまってしまい、悪玉菌の量も増えてしまいます。このように腸内に悪いものがたまってしまうと様々な病気を引き起こしてしまう可能性が上がってしまいます。しかしながら、厚生労働省の研究班が「便秘と大腸癌に因果関係はない」と発表しているそうですから、慢性便秘が原因で大腸癌になるということはなさそうです。しかし本当にそうでしょうか?因果関係はないと発表をされても、大腸癌患者のほとんどは便秘症というのも事実です。便秘は本当に放置してしまうと、様々な病気を引き起こしたり、有害なガス、物質をつくってしまいます。その全てが、大腸癌に直接関係しないとしても回りまわって、最後には大腸癌を引き起こす原因となってしまう可能性は十分に考えられます。便秘は万病のもとなのだから。こう考えると、便秘と痔の悪循環はかなり危険なものに見えてきます。早急にこのエンドレスな悪循環を絶ってしまう必要があるのです。

最悪の場合ですが、大腸癌が原因で便秘となってしまっている可能性もあります。この場合の症状としては慢性便秘のような症状ではなく、激しい下痢と激しい便秘を繰り返したり、今まで正常な排便が出来ていたのに急に極度の便秘になってしまうような症状がよく見られます。命に関わる重大な便秘と言えます。早期に発見して対応する事で、十分に助かる事の出来る病気です。便秘になったら簡単に放置はせず、早急に解消するように心がけましょう。

タバコをやめて便秘で苦しむ!禁煙時の副作用

タバコをやめて同時に便秘になるという話は、結構聞きます。身の回りで禁煙をしている人がいれば、その人も禁煙が原因で便秘で苦しんでいるかもしれません。実際、タバコを吸ってお通じがよくなることはありません。ですので、今まで喫煙の経験が無い方が、「便秘が苦しいから」という理由でタバコをはじめても便秘の解消には全く繋がりませんので注意してください。もちろん、そんな理由でタバコをはじめるなんてナンセンスです。しかし、喫煙者がタバコをやめることで便秘になることは十分考えられます。この理由は、タバコを辞めたことで発生するストレスや環境の変化が原因だったりするのですが、タバコには偽薬効果に近いものがあります。このタバコの偽薬効果のようなものによって、腸が活発になり排便を促します。禁煙をして便秘になってしまった人が、その後タバコを吸うと便意を感じて便秘が解消されるというのは、タバコに便秘解消の力があるのでなく、この偽薬効果みたいなものが腸に作用している可能性が大きいのです。

偽薬効果は、プラセボ効果とも言われます。これは、「ニセの薬を、本物の薬と信じ込む事によって何らかの改善」がみられることをいいます。実際に、立派な医療として認められるていて実際に病気が治ってしまう例もあるというので驚きです。タバコの力を借りるとスムーズな排便が出来るという方の場合、このタバコが偽薬の役目を果たしているのです。一般的に喫煙歴の長い人の方が、禁煙時の便秘も長くなるといいます。もちろん、喫煙歴が長い人の方が偽薬効果も期待出来ますので、禁煙で便秘になった際にタバコを吸った場合は効果的でしょう。禁煙時の副作用と言っても過言ではない、便秘はこのようにして引き起こされる可能性が高いのです。科学的に喫煙と排便は関係性がありませんので、禁煙外来等で医師に相談しても「便秘と禁煙は関係ない」と言われてしまいます。

この禁煙によって引き起こされた便秘の対処方は、通常の便秘と全く同じです。水分をしっかりとり、規則正しい食事をとり、適度な運動でストレスを発散する。このような通常の便秘予防策で大丈夫です。また、この便秘は一時的なものですので、時間の経過と共に自然と解消されたりもします。便秘は非常に辛いですが、禁煙時の便秘が辛いという理由だけで、タバコに火をつけてしまわないようにしっかりと理に沿った便秘対策を心がけましょう。

より良いお通じをより良い食事でコントロール!誰でもできる食事療法

様々な病気があり、その病気にあった食事療法というもがある。もちろん、便秘という病気にも便秘にあった食事療法が存在するのだが、便秘になる原因は食事にあることも非常に多い。そのため、便秘は食事療法だけで十分に治ってしまうことも非常に多いのである。

便秘に有効な食事療法は、至って簡単でシンプルである。お通じの期待が出来る食べ物をしっかり摂取して、程よい水分をとるだけでいいのである。強いて言えば、消化吸収がよく、排便作用に積極的に働きかける食材の摂取だったり、腸内バランスを正常に保つ為に欠かせない善玉菌の増殖を助ける物を食べればよいのである。食物繊維の多い食べ物は、便秘に効果的であることは多くの人が知っていると思います。この食物繊維は、排便作用に積極的に働きかけます。善玉菌の増殖を助けるものとしては、乳酸菌やオリゴ糖などがあるが、これも既に多くの人が知っている事でしょう。また、美容に関する事やダイエットは、全て便秘とセットで語られます。ダイエット効果が期待出来る食材や、美肌作用などに効果的な食材と言われるものは、全てお通じによい食材で便秘の解消が期待出来る食材なのである。そして、よりよいお通じを実現させ、便秘を解消するには、その便秘に効果的な食材を偏ることなくバランスよく摂取して、且つ規則正しい食生活をおくるように心がけることが大事なのである。

ダイエットや便秘解消の食事の紹介は、テレビやネット、雑誌等で非常に多く見る事が出来る。ダイエットに関しては、毎年新たなダイエット方法が出てきて紹介されるほどである。今更、お通じによい食材を紹介する必要はないであろう。後は、規則正しく一日3回の食事をしっかりとる習慣をつけるだけである。誰でも知ってるお腹に優しい食べ物を規則正しく摂取するだけで効果的で誰でも出来る食事療法となるのである。

便秘放置で胃痛に発展!腸内バランスの乱れが引き起こす胃への悪影響

胃と腸は共に消化器系の臓器になります。直接的な繋がりはなくても、消化器系の臓器は全て連携してますので、腸の不調は胃にも影響を与えてしまいます。そして、胃と腸は非常に近い位置にあるので便秘が原因で胃が痛くなることもあります。

便秘というのは、大腸に便がたまってしまっている状態をいいます。便秘で胃痛を感じる場合、便がたまった大腸が膨張してしまい胃を圧迫してる可能性が考えられます。また、便秘が長い時間続くと、大腸にたまった便は腐敗をはじめ有害なガスを発生させてしまいます。この有害なガスは、腸管を膨張させてしまうので、便秘が長い時間続いてしまうとこのガスも胃を圧迫させる原因になってしまいます。他にも便秘が原因で胃が痛くなることはあります。口から入った食べ物は胃で消化吸収され、その後、腸へ送られます。腸に便がたまりすぎてしまうと胃の内容物は行き場を無くしてしまいます。この状態が続くと、胃に不快を感じたり吐き気をもよおす事があります。この場合、通常は先に腸が痛くなり、その後胃にくるのですが、慢性的な便秘で大腸が鈍感になってしまっていると腸より先に胃に痛みを感じる事があります。腸内のバランスが乱れは、このように胃にも悪影響を与えてしまいます。

「便秘は万病のもとです」長引いたり慢性化してしまうと胃痛に発展して、その後、様々な病気を引き起こす危険性もあります。便秘になったら放置することなく早めに解消させるようにしっかり努力をしましょう。

ストレスで腸の働きも悪化!自律神経が与える排便への多大な影響

ストレスが原因で便秘となるケースは非常に多い。ストレスというものは様々な病気を引き起こす原因であるが、ストレスと便秘の間には、自律神経の乱れが大きく関係しているのである。自律神経は、交感神経と副交感神経に分類されるのだが、どちらもストレスに影響を受けやすい神経なのである。

交感神経の乱れは血圧などに非常に悪影響を与える為、高血圧などの原因にもなっているので、既に承知の方も多いことであろう。そして、排便の際にもっとも重要な器官となるのは腸である。この腸などの消化器官は交感神経ではなく、副交感神経の働きが非常に重要となる。ストレスによって副交感神経に乱れが生じてしまった場合、腸の動きにも乱れが生じてしまうのだ。この状態が続くと便秘になってしまったりするのである。自律神経の乱れを安定させる為には、ストレスを感じないようにする必要がある。ストレス社会とも言われる現代社会では簡単なことではないが、リラックスした状態を作り出し、ストレスを緩和出来さえすれば、副交感神経の乱れも自然とおさまり腸の動きも正常に戻ってくれます。また、副交感神経には、心臓をゆっくり動かしリラックスさせる働きもあります。ストレス緩和でリラックスした状態を保つことが出来れば副交感神経が優位となり腸の働きがよくなるので、自然と排便が促されやすい状態にもなります。

このように自律神経の働きは、腸に深く関わっているので、ストレスだけでも排便には多大な影響を与えてしまうのである。ストレスは、腸の動きに直結するので便秘の予防としてもストレスをためない生活を送ることが大事なのである。

お通じで困ってる妊婦さんに朗報!食物繊維でママも赤ちゃんも健全に

妊娠中は、胎児の影響で便秘治療も限られてしまいます。そんな妊婦に効果的な便秘対策はやはり食物繊維を多く摂取することだろう。即効性を求めた治療というより、食物繊維を多く摂取することで体質改善を行う便秘の予防策として考えた方が正しいかもしれない。妊娠中の便秘は、母親だけでなくお腹の中の胎児にも悪影響を及ぼす危険がある。胎児に対する悪影響のことであるが、退治がまだ母親の体内にいる状態なら母親の便秘が胎児に悪影響を与えることはないであろう。しかし、出産になると胎児は産道を通り生れてきます。この時に、母親の体内にある様々な菌を胎児は取り込むのである。なので、便秘が長引くと生まれてくる胎児に悪影響が及ぶ危険性がある。胎児が生まれてくる際に、母親の腸内の菌を取り込むのなら、腸内の菌のバランスはよくしておく必要がある。腸内には善玉菌と悪玉菌がいて、日々優劣を競い合っている。便秘という症状は、悪玉菌に有利に働いてしまうので、便秘の腸内では悪玉菌が増殖してしまっている危険性が非常に高いのだ。この状態で生まれてきた胎児は母親の腸内と同じ菌を取り込んでいるので悪玉菌が多い腸となってしまう可能性が高い。

このようなことが無い様に、妊娠中からお通じにはしっかり気を使うように心がける必要がある。便秘を予防するには、まずバランスのとれた食事、食物繊維と適度な水分の摂取が不可欠です。食物繊維は2種類あり「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」に分けられる。便秘予防になるのは「不溶性食物繊維」で、腸のぜん動運動を活発にする働きがある。いっぽう「水溶性食物繊維」は、血中コレステロールの上昇を抑制し動脈硬化を予防する働きがある。どちらも身体には非常に大事な栄養素となるものなので、妊娠中はどちらもバランスよく摂取する必要がある。不溶性食物繊維含む代表的な食べ物は豆類である。一方、水溶性食物繊維を含む代表的な食べ物は、野菜と芋である。また、納豆などは、どちらも不溶性、水溶性どちらも含んだ食材なので妊娠中は意識して食べるようにするとより効果的であろう。

妊娠中の便秘で悩まれる女性も多いだろうが、出産前迄に腸内環境を整えれば問題はないのである。規則正しい食生活を送り、バランスの良い食物繊維の摂取をしっかり意識して行って欲しい。健全な赤ちゃんは、健全な母親から生まれてくるのである。

頑固な便秘に即効あり!牛乳&ビールでスムーズなお通じを実感!

頑固な便秘の対義語は、頑固な下痢。便秘を解消する為に下痢を引き起こすのは間違った対処方かもしれないが、即効性を本当に求めるなら一度くらいは試してみても良いと思う。昔、便秘になってしまい下剤を使用したところ量を間違ってしまって今度は下痢になってしまった。その下痢を解消する為にまた薬を使い、また便秘になってしまった。そんな馬鹿げた堂々巡りを経験したことがある。薬というものは副作用もあり、下剤に関しては耐性が出来てしまうので、正直お薦め出来ない。ここでは、牛乳とビールを紹介しようと思う。

冷たい牛乳を一気飲みしてお腹を下した経験のある方は多いことでしょう。自分は子供の頃から、冷たい牛乳を飲むと30分経たずに下痢になる。牛乳という飲み物自体が便秘を解消する効果があります。その牛乳を冷やして飲む事で更に腸が刺激されてお腹はゆるくなります。自分は、この下痢が怖くて冷たい牛乳は大人になってから一度も飲んでいない。しかし、便秘で悩んでいる人なら安易に下剤に頼る前に一度、試してもらう価値は大ありである。次にアルコールもかなり排便が期待出来る飲み物である。自分も普段からお酒は飲む方だが、飲み会などでハメを外してしまった次の日は、必ずといっていい程、下痢になってしまう。お酒は好きな方なので牛乳のように控えることは無いのだが、とにかく飲む量に比例して下痢も酷くなります。アルコールを多くとり過ぎると肝機能に支障をきたしてしまうのであまりお薦めは出来ませんが、本当に便秘に苦しむようなら一度はこちらも試してみる価値は大ありである。アルコール自体に便秘解消の効果が期待出来るのだが、炭酸を含んだアルコールの方が排便効果があるので、即効性を求めるならビールがお薦めである。

少し荒治療となってしまうかもしれないが、便秘を長く続けると様々な危険性があるので、冷たい牛乳とビールの方を飲んだ方が身体には害は少ないであろう。プロ野球の優勝祝賀会で定番となっている「ビールかけ」などは、想像できないくらいのビールを飲むことになる。きっと、祝賀会の次の日に便秘で苦しむ選手はいないはずである。

助産師さんに聞いた、産後ママが便秘になる理由

妊娠後に便秘になってしまう女性は非常に多く、決して珍しい事ではありません。出産後の身体の状態、出産後の環境の変化、とにかく出産後は、必然的に便秘になる要因がかなり増えてしまいます。しかし、産後ママの便秘の殆どは急性便秘であり一時的なものが多いので自然と治るケースも多いとのことです。

出産後は、一時的に水分不足となってしまうママも多いそうです。普段より多く水分をとる事を心がけましょう。水分不足となる理由には、次の様なものが考えられます。出産の際にママの身体から羊水を含む水分が一気に排出されることで身体が水分不足になってしまう。母乳を作る際、体内にある多くの水分が使われるために一時的な水分不足になってしまう。このような水分不足の為、硬い便となってしまい排便が困難になるケース。

器官機能の低下が原因で便秘になってしまうケースです。妊娠時から出産時にかけてのホルモンの影響で腸の働きが鈍ってしまう。骨盤がゆるんだりゆがんだりして便秘を引き起こす。このような便秘の解消法は、食生活の改善と適度な運動が大事との事ですが、日頃からしっかりした生活を送っていれば時間が経つにつれ段々と回復していくそうなのであまり心配しすぎるのはよくありません。

最後は、子供が生まれた事で生活環境が変わり不安やストレスによって便秘となってしまうケース。解決方法としては、ストレスをためないようにすることが大事ですが、子供が生まれて環境が変わるのは当然の事です。慌てずに、その環境に慣れてしまえば自然と解消されることでしょう。

多くの女性が便秘の悩みを抱えていますが、このように出産後のママはよりいっそう、便秘になる危険性があります。一時的なものであっても便秘は苦しいものです。少しでも症状を緩和できるように、出産後は水分をしっかりとり、排便に効果的な食物をしっかり摂取することを心がけましょう。最後に、少し余談になってしまいますが、実際に妊娠中から出産にあいだに便秘で悩んでいる女性の原因として非常に多かったので下剤についても少し記載します。妊娠中はお腹の赤ちゃんの健康の為に、ママへの薬の使用が制限されてしまいます。もちろん市販の下剤も赤ちゃんには悪影響を及ぼしますので使用を控える必要があります。慢性的な便秘を日頃から下剤を使って解消しているママが下剤を使うことが出来なくなってしまい、排便が出来なくなってしまうということも多いそうです。これからママになる予定の方は、日頃から下剤で排便する習慣をつけないように注意してください。赤ちゃんに悪影響を与えない下剤も処方してくれるケースもありますが、市販の下剤のように強い効果があるものではありません。

1 2 3 4 5 >